永代供養とは

慶光霊園

永代供養とは

【永代供養とは、供養を寺院に任せること】
「永代供養」とは、寺院が永代に渡って、途絶えてしまった檀家の先祖や死者を供養をすることです。また、最近では身寄りのない人や跡取りのいない家の供養を寺院に任せる人が増えていて、社会の中での供養の受け皿として多くの人が利用しています。

【普及の原因は、核家族化、単身者世帯の増加、寺離れ】
本来、日本では子が親を供養してきました。この延長に先祖祭祀があり、日本や韓国や中国などの儒教圏では、この先祖の縦の関係性は社会の中でも重要な根幹でしたが、核家族化や単身者世帯の増加や寺離れなどで、仏壇や墓を用いた先祖供養そのものをしない人が増えています。

永代供養の相場

永代供養にもさまざまな方法やスタイルがあります。

そもそも、家の途絶えた檀家の供養を引き受ける場合には、相場はあってないようなものです。
それは菩提寺と檀家という世代を超えた長い付き合いが前提としてあり、決してビジネスだけのものではないからです。
寺院によっては、高い値段を求める所もあるでしょうし、予算のない檀家の場合は多くを求めないこともあるでしょう。

昨今では、檀家でない一般の人たちへ広く永代供養を募集する寺院が増えています。
中には永代供養でご縁が始まるというケースも少なくはないでしょう、
また、遺骨を納める施設もさまざまなものがあります。
檀家ではない、一般からの申し込みの場合は、予め寺院で金額を設定していることがほとんどです。

それらの説明も含めて、一般的な相場を見ていきましょう。

【本山納骨】
「本山納骨」は、主に西日本で古くから行われている永代供養の1つだと言えます。
中世期に活躍した高野聖(こうやひじり)と呼ばれる僧の集団は高野山への勧進や納骨を勧めました。
また浄土真宗では、現在でも本山への納骨が盛んに行われています。
たとえば、浄土真宗本願寺派の本山である西本願寺大谷本廟への本山納骨の場合、小型容器で3万円以上、永代経懇志(供養料と考えればよいでしょう)が3万円以上と定められており、合計6万円から引き受けてくれます。

【個別墓(一般的なお墓)】
あくまで一般的なお墓を建立し、その中にお墓を埋葬(あるいは埋蔵)します。
ただし、従来のお墓と異なるのは、その石塔を世代を超えて祀っていくのではなく、一定期間を過ぎると墓じまいし、遺骨は合葬(遺骨を他の方のものと同じ土中に埋葬すること)されるという点です。
つまり、永代供養を前提としたお墓だと言えるでしょう。
このスタイルの場合は、永代供養料金だけでなく、個別の墓石費用が必要となります。
墓地面積は1㎡(1m×1m)未満のことが多く、つまり石塔が1基建つだけの、無駄のない面積です。こうしたお墓が整然と並びます。
個別墓では、供養料に加えて墓石の費用が必要となります。
供養料は50万円前後、墓石費用は選ぶ石種によって異なりますが、こちらも50万円前後ではないでしょうか。

【集合墓(永代供養墓)】
集合墓は、複数の方の遺骨を1つの石塔の中に埋蔵するスタイルです。そのため、通常のお墓よりも大きな石塔を用います。
寺院が定める一定期間(10年、13年、33年など)は骨壺で保管し、期間が過ぎると土中に合葬します。
半地下に納骨室を設けたタイプや、石塔の躯体の中に棚を設えて骨壺を並べるタイプなど、内部構造はさまざまです。
また、礼拝の対象とするのは、石碑や石仏などで、納骨室の上部に設けられることがほとんどでしょう。
集合墓の手前には共同使用の具足(線香、ローソク、お花などを供える設備の総称)が用意され、お参りの際は、その共有スペースで礼拝します。
個別墓ではないので、墓石費用は不要です。
供養料20万円~50万円くらいが一般的ではないでしょうか。
また、集合墓の場合は共同の墓誌に名前を刻むことがあります。その工賃(数万円)も必要となります。

【室内納骨檀】
個別墓であれ、集合墓であれ、これらは野外に設けられたお墓です。
昨今では、室内に設けられた「納骨壇」と呼ばれるものも広く選ばれています。
ロッカー型の場合は、扉の中の納骨棚に遺骨を安置し、堂内にある共有の礼拝施設に向かってお参りします。 また須弥壇型は、扉を開けると内部中央にその宗派の本尊が祀られているタイプです。
大きさによって、収容できる遺骨の数が変わります。多く収容できるものの方が高価になるでしょう。
室内なので、お参りの際に雨に濡れる心配がないこと、またお掃除に必要がないこと、堂内なので、常に誰かに守られているという安心感から選ばれています。
費用は、ロッカー型のもので20万円程度、個別の須弥壇型となると50~100万円くらいが相場でしょう。

永代供養の宗派について

【どの宗派も永代供養は受け入れてくれる】
永代供養に宗派の縛りはありません。どの宗派の寺院でも永代供養は受け入れてくれます。
もちろん、供養の方法や作法は、その寺院の宗派に則って執り行われます。

【菩提寺がある場合はそのお寺に永代供養をお願いする方がよい】
もしもいま菩提寺との付き合いがあり、永代供養をしなければならない状況にあるならば、その寺院にお願いするのがいいでしょう。
費用やさまざまな事情で、他の寺院の永代供養を望む方もいますが、檀家と菩提寺とのつながりは世代を超えて行われてきたものなので、判断は慎重にしましょう。

永代供養の手続き

【手続きそのものは簡単】
永代供養の手続きはそう難しくはありません。
寺院や霊園に申し込んで、指示通りにすればよいでしょう。
「埋葬許可証」の提出を求める所とそうでないところがあります。本来は遺骨の管理者が保持するべき書類ですが、現実にはその対応は統一されてないようです。

【墓じまいが必要な場合】
墓じまいが必要な場合は、寺院に性根抜きをしてもらい、遺骨を取り出します。
そして石材店に撤去工事の依頼をしなければなりません。
また、墓地の管理者(寺院や霊園や自治会)に返還の手続きをします。

【年に数度の法要や慰霊祭】
永代供養された方には、年に数回、合同の法要や慰霊祭を執り行います。
参列は自由ですが、まだご家族が元気なうちは、参列して、故人の冥福を祈るのがよいでしょう。

↑ PAGE TOP