お墓を購入する方法を調べる

慶光霊園

お墓を購入する方法を調べる

はじめてお墓を買う方にとって、何をどう考えればいいのか、分からないことだらけだと思います。お墓を購入する上での注意点をまとめました。参考になれば幸いです。

1.承継者について考えておく

お墓は代々のご先祖様をお祀りするものです。 最近では代々墓ではなく、個人のお墓を建墓する方も多くおられますが、施主が亡くなると次の承継者が管理祭祀していくことになります。 お墓を建てる段階で、「このお墓はゆくゆくは誰が守ることになるのか」ということをしっかりと確認しておき、できれば施主だけでなく承継者となる方とともに墓地選び、お墓作りをされるのがよいでしょう。 お墓は通常、次の世代が受け継ぐのですが、民法上では親族に限らず誰でも承継することができるものとされています。跡取りがいない方が多い社会ではこのようなケースも増えてくることでしょう。 もちろん、民法上許されたとしても、その墓地の規約に則っている事が条件となりますので、きちんと確認しておくことが必須です。 自分1人だけのものではない、というのが、お墓の本質なのです。

2.自分たちの気に入った墓地を入手できるか

お墓を建てるには、まず墓地を入手しなければなりません。墓地を選ぶときの基準は、宗旨・宗派、自宅からの距離やアクセスの良さ、景観、設備、墓地費用など、さまざまな要素が絡み合います。

○宗旨・宗派
自分たちの宗教や宗派を受け入れてくれるか、確認しておきましょう。

○自宅からの距離やアクセスの良さ
自宅からの距離で、お墓参りがしやすいか。車を使用する場合には駐車場が完備されているか。公共交通機関の利便性など、年を重ねてもお墓参りできる環境にあるかどうかを確認しましょう。

○景観
日当りや風通しなど、お墓参りしたくなる墓地かどうかを見極めましょう。樹木が近くにあると、落ち葉の掃除が大変だったり、根が地盤を盛り上げたりという問題も出てきます。 地盤は固いか、水はけはよいかなど、可能な限り調査してみましょう。

○設備
通路はきれいか、水場やゴミ捨て場は使いやすくできているかなどを確認しましょう。

○墓地の費用
お墓を建てるためには、墓地の費用と建墓の費用が必要になります。 自分たちの予算にあった墓地が、適当な相場で値段がつけられているかなどを確認しておきましょう
また、公営墓地、民営墓地、寺院墓地では、その特徴も異なりますので、ここで簡単にまとめておきます。

○公営墓地
管理者が行政であるために安心できる。宗旨宗派や、施工業者などを問われることもないが、人気が高く、入手しづらい。

○民営墓地
管理者が民間業者であるために費用や立地などさまざまな選択肢の中から選ぶことが出来るが、建墓の際、施工業者が指定となり、複数社を相見積もりすることができない。

○寺院墓地
管理者が寺院であるために安心できるが、お寺の行事や法要などの付き合いが生じる場合もある。他の寺院の出入りはできず、建墓の際に業者が指定になる場合もある。

3.建墓の費用は「墓地+墓石」

お墓を1基建てるには高額な予算が必要となります。 それなりの心づもりをして、予算計画を立てておくのがよいでしょう。 お墓を新たに建てる場合には、墓地の費用と墓石の費用が必要だということを頭に入れておきましょう。 墓地の費用は厳密には「永代使用料」と呼ばれます。 私たちは、指定された土地を入手するのではなく、永代に渡って使用する権利を入手するのです。 この金額設定は霊園に異なります。 都市部ほど高価で、郊外に行くと安価になる傾向は日本全国どこでも同じでしょう。 また、多くの霊園では墓地取得時の永代使用料だけでなく、年間管理費を設定しているので、こちらの金額もあわせて確認しておきましょう。 墓石の費用は、使用する石種、お墓のデザイン、墓地の面積、などによって金額は増減します。 これは「石そのものの単価×石を使う量」とも言い換えることができます。 墓石用の石材は国内外のもので100を超える種類があると言われ、高額なものから安価なものまで、さまざまです。 また、デザインへのこだわりや、墓地面積の広さによって、使用する石の量が異なります。 購入した墓地で指定業者が決まっている場合はいたしかたないのですが、そうでない場合は必ず複数社の間で相見積もりをとることをお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
建墓のタイミングに決まりはなく、思い立ったときこそが吉日です。
時期にとらわれるのではなく、自分たちの納得のいく墓地を見つけ、お墓を建てることができたらいいですね。

  • お墓の承継者は誰になるのかということをまず考えておく
  • お墓は自分1人のものではない
  • 自分たちの気に入った墓地を見つけることができるか
  • 公営墓地は人気が高く、入手しづらい
  • 民営墓地は施工業者が指定の場合が多く、相見積もりができない
  • 寺院墓地はお寺との付き合いが生じることがある
  • お墓を建てる費用には「墓地」と「墓石」の費用が必要となる

↑ PAGE TOP