つい先日、親類が墓じまいをした、という話を

慶光霊園

お客様の声(評判) No.0267

つい先日、親類が墓じまいをした、という話を聞きました。 墓じまいとは何かしらず、そこから話を聞くと、墓に納骨されている骨壺を共同墓地に移し、墓の土地を更地にして、永代供養してもらうということらしいのです。 実家からも、お墓のある場所からも離れた土地で暮らしている親類にとっては、墓の管理と維持というものが負担となり、加齢によるものも影響して、墓じまいを選択したようです。 親類の墓じまいの話を聞いていて、我が家も単身世帯になる可能性が高く、墓を守ってくれる次世代の人間がいないため、いずれ、墓じまいということも視野に入れた墓の管理について考えなくてはならないと痛感しました。先祖のさまざまなことを引き継いで、今があることを考えると、墓の存在に関して複雑な思いを抱いてしまいます。

↑ PAGE TOP