中学の時祖父が亡くなって以来

慶光霊園

お客様の声(評判) No.0685

中学の時祖父が亡くなって以来、欠かさずお盆にはお墓参りに行っていました。しかし、お墓が田舎の山の中にあり、電車やバスでもアクセスできないことから、実家を離れ、一人暮らしをし、自分が家族を持つようになり、段々とお墓から足が遠のいて行きました。 今では、子ども(祖父のひ孫にあたる)ができ、子育てに奮闘する日々の中で、かれこれ5年以上お墓参りができない状態が続いています。 お盆の時期が来る度にお墓の中の祖父のことを思います。仕事と育児に忙殺され、それを言い訳にお墓に会いに行けない自分のことを歯がゆく思います。いつか、ひ孫も大きくなり、一緒に山の中のお墓に行ける日が来るまで、せめて心の中だけでも祖父のお墓のことを忘れないでいようと思います。

↑ PAGE TOP