お墓を選ぶ時は、その時の自分の状況

慶光霊園

お客様の声(評判) No.0847

お墓を選ぶ時は、その時の自分の状況を想像する人も多いと思います。例えば自分が最後で、後に誰もいない場合です。結婚もせず、子供もおらず、兄弟の中でも一番年下などの場合、自分の後に誰も墓守がいない状態になります。その場合は、1人用の永代供養が約束されたお墓に入るのもありかもしれません。特に最近は結婚しない人が増えているので、これからそのようなお墓の需要も溜まってくると思います。その時になって慌てないように、若いうちからお墓を買っておくのも一つの手かもしれません。死んだ後に眠る場所を決めてしまえば、不慮の事故で無くなった時も、周囲が慌てなくて済みます。若くて健康なうちなら、余裕を持ってお墓を選べるので、満足のいく買い物ができると思います。

↑ PAGE TOP